プロフィール

藤田 雄大(本名:Takeo Fujita)

心響会主宰

1970年 兵庫県高砂市生まれ

幼少時代より筆を持つ

1997年 唐津鍾堂に師事

2006年36歳にして脱サラ単身、日本の戦後書道教育の第一人者である故石橋犀水博士創立学校法人扶桑学園日本書道芸術専門学校(静岡県伊東市)の門を叩く

2008年師範科卒業、2009年同校研究科卒業 小久保嶺石、大石分水に師事

卒業後は地元に戻り、書家としての一歩を踏み出すが、芸術全般における書を見つめ直すため、2015年4月 京都芸術大学に入学し、芸術教養学科で学びを深める

2018年3月同校を卒業

現在は、書家として作品制作やボランティア、ワークショップ等の活動をする傍ら、アーティストとして書以外の作品制作や他分野のミュージシャンやダンサー等とも積極的に活動を行っている